今では携帯電動ヒゲ剃りを会社のデスクに置いておく様に

ヒゲが濃い私は33歳の男性会社員です。

若い頃からヒゲが濃い事は自覚していたのですが、とにかく伸びるのが早い上に生えている範囲が口をほぼ円形に取り巻く様な形。
しかも口も小さくへの字という事もあって、年齢以上に老けて見られ易いものでした。

特に出勤し昼過ぎにもなると明らかに口の周囲がドーナツ状に濃くなっているのが簡単に分かり、そんなみすぼらしい姿を周囲に晒すのが非常に嫌だったのです。

もちろん毎日の出勤にコンパクトタイプの電動ヒゲ剃りの持参は必須
毎日昼休みにはトイレに籠り十分時間を掛けて剃り直しを行うのですが、それでも帰宅時間帯となる夜8時前後までにはザラザラとした感触と共に太いヒゲが生えてきてしまいます。

一番悲惨なのはついうっかりヒゲ剃りを自宅に忘れてきてしまった時

ヒゲ剃り忘れ日中は全くヒゲの手入れが出来ないものですからストレスも最高潮。
特に自意識過剰で見られ意識の塊の様な性格の私ですから、こんな日は誰ともコミュニケーションを取りたくなくなってしまい、終始鬱っぽい気分に陥ってしまうものなのです。

それでも何とか人当たりは良くしようと気分良い時は明るく振る舞っていたせいでしょうか、職場やプライベートで自分のヒゲの事を表立って馬鹿にされるというケースは殆どありませんでしたが、暗にヒゲの事をオブラートに包んだのか、全体的な雰囲気としてちょっと年配者の様な雰囲気を醸し出していると言われた事はあります。

自分自身では服装や筋トレ等を通じて出来るだけ若く保とうと努力はしてきたつもりであり、稀であっても何気ないその一言がショックだったりするもの。
親しい間柄でしたから1週間もしないうちに全く気にならなくなったのは幸いでしたが・・
ヒゲの伸びるスピードはかなり早いものの、前述にもある様に、それを伸ばし続けたところで決して格好良い形となる訳でも無く、結局最善の対策は気になったら常に剃る、という形に落ち着いたのは言うまでもありません。
また雰囲気やトラブルが怖く、加えて費用も馬鹿にならないダンディハウスでの永久脱毛ははなから候補に入れませんでした。

良く剃れる携帯用電動ヒゲ剃りを購入

結局は普段からの心掛け次第という事で、良く剃れる携帯用電動ヒゲ剃りを購入し職場や出先に持ち込む現在の方法に落ち着いたのは学生の頃だったのですが、最近では忙しさから忘れてしまうケースも目に付く様になり、その対策もまた必要となってきました。
予め会社のデスクやロッカーに電動ヒゲ剃りを置いておくという方法は特に有効で、洗浄の為持ち帰る以外の日は大抵デスクの引き出しに入れているのです。

-ヒゲの悩み・体験談