ヒゲが濃すぎて理容室でよくある体験です!

私は現在39歳の会社員です。

ヒゲは10代後半から濃くなりはじめて、いまでは1日でも剃らないと耳の下からあごにかけてヒゲがもさもさと生えてきます。

このヒゲを一番見られるのが理容室に行った時です。

私はいつも毎朝ヒゲを剃りますが、もちろん理容室でもヒゲは剃られるんですが、そもそも肌が弱いので理容室で使われているヒゲ剃りはよく剃れるのですが、必ずといっていいほど肌を傷つけて血がでてしまいます。

なのであらかじめ家でヒゲを剃っておいて理容室では軽く剃ってもらう程度にしています。

理容室に行く前にヒゲを剃ったのに...

それで先日始めて行った理容室でのことなんですが、その店員は若い店員で20代でしょうか、まず私をみるやいなや最初の言葉がヒゲが濃いですねーという一言でした。

私が返した言葉は「よくいわれますよ」でした。

まあ当然のごとくヒゲ歴20年の私にとって特に気になる言葉ではありませんでした。

しかしその店員はつづけて「今日はヒゲはそってこなかったんですか?」の言葉。

私は耳を疑いました。

今日もいつものごとくちゃんと剃ってきたし、まあ確かに口のまわりが黒ずみみたいになっているけどこれはいつものことだし。

理容室の顔剃りはヒゲが濃い人にとっては逆に苦痛

少し傷つきながら髪の毛を切ってもらっていると、次はいよいよ顔剃りにはいりました。

まずその店員は切れ味するどそうな理容室用のヒゲ剃りで私の顔をそりはじまました。

当然その店員は私が朝剃ってきたことを知らないので、丹念に何往復も私の顔を剃りました。

その結果血がいたるところで噴出しました。

そりゃそうですよね。

私は心の中で思いました。

その店員はあわてる様子もなく、血止めらしきクリームを塗り始めて私も顔がヒリヒリしながらも血さえ止まればいいかと思いながら待っていました。

すると店員が何を考えたのか今度は電気カミソリを持ち出してきたではありませんか。

ウソでしょまだ剃るのと思いながら、私は拒否することもできずにまたヒゲを剃られました。

おかげさまで顔が真っ赤になりました。

このようにヒゲが薄い人にとっては理容室で顔を剃ってもらうことは気持ちがいいことかもしれませんが、ヒゲが濃い人にとっては逆に苦痛になってしまうことがあるのです。

すごく高い電気カミソリで深剃りすると?


ヒゲが濃い人特有の悩みかもしれませんね。

ヒゲ脱毛のダンディハウスヒゲなどで薄くしたいのは当然ですが、そのような体験もあり最近ではどのようにしているかというと問題はヒゲではなく電気カミソリのすごく高いやつを買うようにしました。

電気カミソリをいいやつに変えただけで肌への負担が減り、深剃りも実現できるようになりました。

これで理容室も怖くありません。

-ヒゲの悩み・体験談